インフルエンザワクチンとはどんなワクチン?|インフルエンザについてもっと詳しくなろう!Part2

前回はインフルエンザについて詳しく説明しました。今回はワクチンの効果や副反応などについて説明していこうと思います。

Part1はこちら

Part3はこちら

インフルエンザワクチンの効果と副反応、打って良い人悪い人

インフルエンザワクチンの効果 (Vaccine Effectiveness:VE) は70~90%とされています。これはどういう意味でしょうか。そう質問すると多くの人が、ワクチンを打った人の70~90%はインフルエンザに感染しなくなる。と回答します。この解釈は間違いです。
正しくは、ワクチンを打った人と打たない人と比較して70~90%インフルエンザにかからなくなる (=70~90%かかりにくくなる) と言う意味です。これは統計学的な話なので、医療者にとっては当たり前の感覚なのですが、一般の方が聞いてもピンとこないかもしれません。結論としては、感染する確率は接種しない人の5分の1程度になると丸暗記してしまっても構いません。この数字は個人レベルでは、年齢や基礎疾患の有無により大きく変わります。また感染による発症予防のみならず、感染してしまった場合の重症化と死亡を減らす効果があることも証明されています。

インフルエンザワクチンを打ってから効果が期待できるようになるまでは2週間かかり、抗体持続期間は平均で約5カ月間(流行がない場合には3ヶ月程度)とされています。

インフルエンザワクチンの副反応についてですが、このワクチンは副反応が少なく軽いことで知られています。禁忌 (絶対に打ってはいけない人) は過去にインフルエンザワクチンでアナフィラキシーを起こしたことがある人のみです。それ以外に明確な禁忌はありません。

よく受ける質問として、卵アレルギーがある人は受けていいのかという問い合わせがあります。確かにインフルエンザワクチンは鶏の受精卵を使用してウイルスの培養をしていますので、卵アレルギーのある方は腫れが強くなったり蕁麻疹が出たりといった軽度のアレルギー反応が出ることがあり、接種に注意が必要です。ただそれを承知の上で医師の判断の下で注意して接種すれば問題ありません。

問診票に書かれている、喘息などの呼吸器疾患のある人、てんかん等の痙攣のある人、心臓疾患、肝疾患、腎疾患のある人、免疫不全の人、家族や親族にこれらの病気がある人は接種して問題ありません。むしろこうした基礎疾患がある場合には接種が推奨されています。

37.5度以上の発熱をしている人、急性疾患に罹患している人は延期を勧めています。

インフルエンザワクチンと妊婦

妊娠している場合に、インフルエンザワクチンを接種しても問題ないのかという質問もよく受けます。結論としては問題ありません
インフルエンザワクチンに限らず、多くのワクチンには防腐剤としてエチル水銀という成分が含まれています。水銀は体内に蓄積すると神経毒となり、特に妊娠中の妊婦が水銀を多量に摂取すると胎盤を通して胎児の発育に影響与えるとされています。

重要なのは含まれる水銀の量です。インフルエンザワクチンで言えば、ワクチン1本あたりに約25μgのエチル水銀が含まれますが、この25μgとは人体に影響しえない極めて少ない量です。私たちが一般によく食べる魚などの食品にも含まれているものと同程度とされており、例えば寿司ネタのマグロ4巻 (60g) に含まれる水銀の量と同じです。またこのエチル水銀という物質は体内に入るとあっという間に分解され数時間で尿や便から体外に排出されるため、魚などの食品に含まれるメチル水銀のように何ヶ月も体内に蓄積するという事はありません。

海外でも妊娠中にワクチンを接種した場合の安全性について、接種をした場合としない場合で、流産や奇形児の発生率に差がないという研究データがほとんどです。

ただ妊娠は医学的には何もしなくても一定の確率で流産や奇形などが発生するものですので、万が一そうした事態になってしまった場合に、心理的にワクチン接種と関連付けて後悔することがないよう、本人がきちんと納得して判断した上での接種が望ましいと思われます。

ワクチンの株は誰が決めているのか、株はあたっているのか

インフルエンザワクチンを受けない人たちの理由を聞くと、打ってもかかることがあるから、ワクチンの株が外れると意味がないから、といった話がよく聞かれます。では、誰がワクチンの株を決めているのでしょうか。インフルエンザウイルスの流行は全世界で膨大なデータがとられており、流行の種類や状況をリアルタイムに詳しく把握しています。そうしたビッグデータを元にWHO(世界保健機関)が毎年そのシーズンの流行株を発表しており、日本ではさらにその情報を元に厚生労働省と国立感染症研究センターの特別チームが日本で製造するワクチンの株の種類を決定しています。

このように全世界、また日本全国で測定している詳細で膨大なビックデータをもとに流行株を予測しているため、実際は流行の予想が全く外れるという事はほとんどありません。実際、過去20年間のうち17年は完全一致しており残りの3回も、未知の新型ウイルスが発生したか、大規模な変異型が発生したかですがこの場合は部分一致はしており、打ったワクチンが全く無駄だったということはありません。その年に流行するのがA型のインフルエンザウィルスであればHAとNAの型が多少異なっても、ワクチンによる予防効果は相当に得られるとされ、受けるメリットは大きいと言えるでしょう。

最近の流行株について。昨シーズン2020-2021年は世界的にほとんどインフルエンザの流行がありませんでした。一昨シーズン2019-2020年に流行したウイルスの型は、2009年に発生したH1N1新型インフルエンザウイルスを基本型としておりこれが70%、残り20%がそれよりも以前から流行を繰り返しているH3N2、残りの10%が他のA型やB型のインフルエンザウイルスでした。今シーズンも、流行するとすれば同様のH1N1またはH3N2が流行すると予測されています。

今年のインフルエンザワクチンの製造株は以下です。

A型株
A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)(H1N1)
A/タスマニア/503/2020(IVR-221)(H3N2)
B型株
B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/ビクトリア/705/2018(BVR-11)(ビクトリア系統)

*翻訳:A型/ビクトリアという地名で分離報告された/1番目に分離された/2020年に分離された、IVR-217という型番、H1N1の表面抗原を持つウイルス

今回はインフルエンザワクチンについて説明しました。
次回はQA方式でよく耳にする疑問について回答していきたいと思います。

当院では土日祝含め9:00〜21:00でインフルエンザワクチンの接種が可能です。

Part1はこちら

Part3はこちら

内藤 祥
医療法人社団クリノヴェイション 理事長
専門は総合診療
離島で唯一の医師として働いた経験を元に2016年に東京ビジネスクリニックを開院。
日本渡航医学会 専門医療職

関連記事

  1. スパイクタンパク質、ヌクレオカプシドタンパク質って何?

  2. インフルエンザワクチンのお話

  3. コロナワクチンってどんなワクチンなの?

  4. 発熱したらどうしたらいいの?

  5. インフルエンザに使われる治療薬は?|インフルエンザについても…

  6. Apple Watchの心電図での「洞調律」や「心房細動」と…

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »