淋病

淋病って、どんな病気?

男性の尿道感染はうみと激痛!女性は無症状の場合も多くあります

治療せずに放っておくと、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

特にオーラルセックスに注意!

オーラルセックスの増加により、のどへの感染が広まっています。
淋菌がのどに感染した場合、症状を感じることはほとんどないため、感染を広げる温床になっているのでは、と言われています。

男性に多いSTD(性病)です

性風俗でのオーラルセックスによる感染が多いと言われています。

1回のセックスでの感染率は20〜50%

1回のセックスでの感染率は20〜50%と高く、また淋菌に感染した人のうち、クラミジアに同時感染している人が20〜30%いると言われています。

薬が効かない耐性菌が問題に

抗菌薬(抗生物質)の乱用によって、薬が効かないタイプの淋菌が増え、治療が難しくなっています。淋病は特に、治ったことを確認することが大切です。

どうしてうつるの?(淋病の感染経路)

淋病は

  • 性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により感染します。1回の性行為における感染率は20〜50%とも言われています。
  • 精液や腟分泌液、感染した箇所の粘膜に存在する淋菌が、相手の粘膜に接触して感染します。
  • 最近ではオーラルセックスが一般的になっているので、性器だけでなく咽頭(のど)への感染も広がっています。
  • キスや回し飲み程度の接触で感染するリスクは極めて低いと言えます。 唾液による感染の可能性は否定できませんが、学会発表や論文などでの研究データの報告はありません。

淋病の症状って?

淋菌が男性の尿道に感染した場合は、激しい痛みや多量の膿(うみ)が出るのが特徴ですが、咽頭(のど)や女性の腟への感染では症状が出ないことが多いと言われています。
感染に気づかないまま、パートナーに感染させる可能性があります。なお、淋菌に感染してから発症するまでの期間(潜伏期間)は、男性の尿道炎で2〜7日とされています。

男性器の症状 尿道に症状が出るのが特徴です。
主な症状
  • 排尿時の激しい痛み
  • 尿道から白っぽい膿(うみ)が出る
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体(副睾丸)の腫れ
  • 軽い発熱や痛み

尿道からのうみは、白っぽい色で(やや黄色気味の場合もあります)、 粘り気があります。量は多いです。
クラミジアの症状と似ていますが、淋菌の方が症状が激しいのが特徴です。クラミジアでは、尿道の不快感・さらっとしたうみが出る一方、淋菌では、激しい排尿痛・粘りのあるうみが出ます

女性器の症状 子宮の入口(子宮頸管)に炎症が起こり、おりものなどの症状が出ます。
主な症状
  • おりものの増加
  • 生理以外の出血(不正出血)
  • 下腹部の痛み
  • 性交時の痛み

おりものが増える、といった症状を感じる場合もありますが、においなどの変化はほとんどありません。感染に気づきにくいため、潜伏期間ははっきり分かりません。そのままにしていると、淋菌が体の奥に広がり、重い病気につながることがあります。

放っておくとどうなるの?
  • 感染に気づかず放置すると、淋病が体の奥へと進んでいき、さまざまな病気(卵管炎や骨盤内炎症性疾患(PID)、肝周囲炎など)を引き起こします。
  • 淋菌に感染したまま出産すると、赤ちゃんに感染することがあります。必ず妊婦健診を受けましょう。

検査について

症状が無くても検査できます。

淋病の主な検査方法

基本的に、下記の検査物を採取して調べます。

男性器への感染 初尿、うみ
女性器への感染 腟ぬぐい液
咽頭への感染 咽頭周辺のうがい液やぬぐい液
検査のタイミング

感染の機会からすぐに検査できます。

治療について

1日〜7日間、筋肉注射や静脈注射、点滴などを症状に応じて実施します。
1回の注射で済む場合もあります。

治療の流れ

感染していると診断された

1日〜7日間、筋肉注射や静脈注射、点滴などを症状に応じて実施します。1回の注射で済む場合もあります。

  • セフェム系(ロセフィン)
  • アミノグリコシド系(トロビシン)など


おおよそ1週間後、再検査をして、淋菌が陰性になっていることを確認して治療終了。
淋菌は、薬が効かない「薬剤耐性菌」が増えて治療薬が限られています。確実に有効で、保険がきく薬は、セフトリアキソン(ロセフィン)とスペクチノマイシン(トロビシン)のみとなっています。医師の治療方針に従って完全に治し、再感染に気をつけましょう。

よくあるご質問

淋菌検査についてよくあるご質問(クリックで開きます)

Q:行為から3日目に検査を受けました。陰性(-)でしたが、潜伏期間だったのでしょうか?

Q:のどの淋菌が陽性(+)でした。症状は全くありません。治療は必要ですか?

淋菌がのどに感染した場合、症状が出ることはほとんどありません。
しかし、オーラルセックスで相手の性器にうつしてしまいます。陽性(+)が出たら、まずは医療機関を受診していただき、適切に治療を受けてください。

Q:淋菌の咽頭(のど)の検査について、うがい液は、水道水で採取してもいいですか?

水道水でうがいをすると、水道水に含まれる塩素等が、検出対象である淋菌のDNAを破壊する可能性があります。よって、STDチェッカーでは、採取専用のうがい液をお届けしています。採取の際は、専用うがい液をご使用ください。

Q:淋菌検査で使用する専用のうがい液には何が入っていますか?

専用のうがい液は、純度の高い蒸留水と塩をあわせたもので、体液と同じ濃度に調整されています。塩素等の不純物が入っておりませんので、安定した正確な検査が可能です。

Q:PCR法は淋菌の偽陽性が多いと聞きました。本当ですか?

以前のPCR法は、偽陽性が多かったため、「SDA法」という検査法が開発されました。しかし、SDA法も、口の中の常在菌であるナイセリア属(淋菌の親戚のような菌)と交差反応を起こし、偽陽性が多いということが分かってきました。その後、その短所を解消するため開発されたのがTaqManPCR法です。STDチェッカーの淋菌検査は、TaqManPCR法で行っています。PCR法と名前が共通していますが、TaqManPCR法は、より新しく偽陽性が少ない検査法です。

Q:淋菌の耐性菌ってなんですか?

治療薬が効かないタイプの菌のことを耐性菌といいます。淋菌は、耐性菌が広がっていて、効果のある治療薬が限られてきています。治療後、症状がなくなってくると、治ったと思って治療を途中で止めてしまうことがありますが、その時、万一淋菌が残っていると、薬の効かない耐性菌になってしまう場合があります。治療を受けたら、必ず医療機関で治ったことの確認をすることが大切です。

PAGE TOP
Translate »