ウイルス性疣贅(いぼ)とは

いわゆる疣贅(いぼ)はヒトからヒトへ感染する皮膚病で、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で生じます。 現在のところ、HPVは150種類以上にも異なるタイプがあるといわれています。いぼには多くの種類があり、HPV の種類によって感染しやすい部位(皮膚や粘膜)があり、生じるいぼが全く異なります。

よくあるご質問

イボ治療についてよくあるご質問(クリックで開きます)

Q:どのくらいの期間で治りますか?

Q:跡が残りませんか?

Q:顔のイボにも液体窒素は出来ますか?

Q:もし跡が残ったら消す方法はありますか?

Q:水ぶくれなどの副作用が出た時に、どんな経過が良好で、どんな状態になったら受診したら良いのかわかりません。

Q:費用はどれくらいかかりますか?

Q:そもそも、「イボ」って、いったい何ですか?

Q:イボ(ウイルス性疣贅)は、どうしてできるのですか?

Q:イボ(ウイルス性疣贅)には、どんな種類がありますか?

Q:イボ(ウイルス性疣贅)はうつるのですか?

Q:子宮癌がイボのウイルスが原因と聞いたことがあります。イボは癌になるのですか?

Q:イボの治療はどうするのですか?

Q:ミズイボとイボは違うのですか?

Q:ミズイボの治療はどうするのですか?

Q:ミズイボがある時は、プールに入ってはいけないのですか?

Q:イボやミズイボにかからないようにするには、どうすればいいですか?

Q:ウオノメと思って皮膚科を受診したら、イボと言われました。ウオノメとイボはどう違うのですか?また、ウオノメはどうしてできるのですか?

Q:ウオノメとタコはどう違うのですか?

Q:ウオノメやタコの治療はどうするのですか?

Q:イボやウオノメやタコの薬が市販されています。自分で治療してもいいのですか?

Q:ウオノメやタコにならないためには、どうしたらいいですか?

PAGE TOP
Translate »