東京ビジネスクリニック公式ぺージ|東京駅 大手町駅 日本橋駅近くの内科・外科・小児科・皮膚科 ・予防接種・ED治療・ピル処方

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング地下1階

03-6268-0079

毎日9:00 - 21:00

毎日9:00 - 21:00

03-6268-0079

MMRワクチン(麻しん、風しん、ムンプス 三種混合ワクチン)Priorix®

MMRワクチン(麻しん、風しん、ムンプス 三種混合ワクチン)
(Priorix® GlaxoSmithKline 社製)
(MMRⅡ® Merck社製)

麻しんウイルス

感染力が非常に強く、簡単に人から人に感染する急性のウイルス性発しん性感染症です。
主な症状は発熱、咳、鼻汁、結膜充血、発しんなどですが、まれに肺炎や脳炎になることがあり、先進国であっても、患者1,000人に1人が死亡するとされています。
現在は定期の予防接種で2回接種が行われています。
麻しんにかかったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方にワクチン接種をおすすめします。

風しんウイルス

感染力が強く、人から人に感染する急性のウイルス性発しん性感染症です。主な症状は発熱、発しん、リンパ節腫脹などですが、感染しても症状がでない人が15~30%程度います。
通常は自然に治りますが、まれに脳炎になったりして入院が必要になることがあります。
妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる子どもが先天性風しん症候群になり、難聴・白内障・心臓の病気などをもって生まれてくることがあります。
現在は定期の予防接種で2回接種が行われています。
風しんにかかったことがない方で、風しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方にワクチン接種をおすすめします。

ムンプスウイルス(おたふくかぜ)

患者のせきやくしゃみなどにより空中に飛び出した、ムンプス(おたふくかぜ)ウイルスを吸い込むことにより感染します。潜伏期間は2~3週間で、軽度の発熱と耳の痛みで始まり、耳の下(耳下腺)のはれが顕著になりますが、 その症状は通常5~7日で回復に向かいます。
おたふくかぜの合併症としては無菌性髄膜炎、ムンプス難聴、脳炎、睾丸炎(精巣炎)、卵巣炎、膵炎などが報告されています。合併症が起こる頻度は、無菌性髄膜炎(症状としては発熱、頭痛、嘔吐)が10~100人に1人、ムンプス難聴が約1,000人に1人、脳炎(症状としては発熱持続、けいれん、意識障害)が5,000~6,000人に1人と報告されてい ます。思春期頃におたふくかぜにかかった人のうち、数%の人が睾丸炎(症状としては発熱、睾丸腫脹)を合併しますが、男性不妊の原因となることは極めてまれです。

予防接種

国際的に広く使用されているMMRワクチン(麻しん・風しん・ムンプス混合ワクチン)Priorix®は弱毒化生ワクチンで、ウイルスそのものを注射することで体内の抗体産生が生じます。初回-4週間後の2回接種で10-20年以上の予防効果の持続が見込まれます。
起こりうる副反応は、頭痛、倦怠感、吐き気、一時的な発熱、接種部位の痛みや腫れなどで、まれにアナフィラキシー反応を起こすことがあります。ゼラチンアレルギーの人は接種できません。

輸入ワクチン副作用被害救済補償制度

日本国内で承認されているワクチンは予防接種法、施行令によって健康被害に対する救済制度が
確立していますが、日本国内未承認ワクチンについてはその救済制度は対象外となります。その
ため、国内未承認ワクチンの副作用に関する救済補償制度は、当院がワクチンの輸入を依頼して
いる代行業者による独自の補償制度に従うことになります(別紙をご参照下さい)。

 

参考)厚生労働省FORTH 感染症についての情報 


TOP