東京ビジネスクリニック公式ぺージ|東京駅 大手町駅 日本橋駅近くの内科・外科・小児科・皮膚科 ・予防接種・ED治療・ピル処方

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング地下1階

03-6268-0079

毎日9:00 - 21:00

毎日9:00 - 21:00

03-6268-0079

狂犬病ワクチン Verorab® / Rabipur®

狂犬病ワクチン
(Verorab® Sanofi-Pasteur 社製)
( Rabipur® Glaxo Smith Kline 社製)

狂犬病とは

狂犬病は世界中で年間5万人以上が死亡する人畜共通感染症です。発症するとほぼ100%死亡します。狂犬病はほとんど全ての哺乳動物から感染する可能性があります。感染症法では4類に分類されています。日本では国内発症がありませんが、世界的にはまだ感染リスクが常にある病気です。

感染経路

ウイルスは感染動物の唾液に含まれます。哺乳動物に咬まれたり、傷口、目や口の粘膜をなめられたりすることで神経系の細胞に感染します。動物は前足をなめるので、ウイルスの付いたツメで引っかかれても感染を考えなくてはなりません。

症状

ウイルスが直接中枢神経を侵した場合、10日目あたりから、発熱、頭痛、全身倦怠や嘔吐などを起こします。一方、末梢の神経線維に感染した場合には、ウイルスは非常にゆっくりと脳へ向かうので発症までに数年の年月を要します。発症後は、ものを飲み込みづらくなり、液体を飲もうとすると筋肉がけいれんするため、水を恐れるようになります(恐水症)。やがて昏睡状態となり、呼吸が麻痺し死亡します。

治療

哺乳動物に咬まれたときには、できるだけ早く病院を受診してください。同時に、狂犬病のおそれのある動物に咬まれたら、傷口を石鹸と水(できれば流水)でよく洗い、消毒液で消毒します。

予防

全ての動物からする可能性があります。動物にむやみに手を出さないようにしましょう。

渡航地で動物と接する機会が多い場合には、暴露前接種という方法があります。暴露前接種は初回接種を0日とすると0-28-180の3回接種となります。こちらも、海外での接種方法とは異なります。海外で追加接種を受ける場合には確認が必要です。

危険のある地域

アフリカ、アジア、中南米のほとんどの地域で流行しています。台湾は狂犬病のない地域とされていましたが、2013年7月台湾で狂犬病の野生動物が確認されています。狂犬病のリスクのない国が減ってきていますので、渡航先の情報には注意してください。

参照:厚生労働省 渡航情報FORTH

 

予防接種

国際的に広く使用されている狂犬病ワクチンVerorab®は、0-1週後-4週後の3回接種で2-3年程度の予防効果があり、12ヶ月後の追加接種で5年程度の予防効果の持続が見込まれます。

起こりうる副反応は、頭痛、倦怠感、吐き気、発熱、戦慄、筋肉痛、接種部位の痛みや腫れなどです。

 

輸入ワクチン副作用被害救済補償制度          

日本国内で承認されているワクチンは予防接種法、施行令によって健康被害に対する救済制度が

確立していますが、日本国内未承認ワクチンについてはその救済制度は対象外となります。その

ため、国内未承認ワクチンの副作用に関する救済補償制度は、当院がワクチンの輸入を依頼して

いる代行業者による独自の補償制度に従うことになります。


TOP