緊急避妊薬(アフターピル)

72時間以内に内服すれば妊娠成立を防ぐ効果があります

ella®(エラ)

処方後すぐに1錠を内服する方法です。
性交渉後、120時間以内に内服することで妊娠成立を防ぐ効果があります。
オンライン診療で薬剤を郵送で受け取ることが可能です。ellaについて詳しくはこちら

料金

10,900円 (税込11,990円)


レボノルゲストレル(ノルレボ®錠ジェネリック)

処方後すぐに1錠を内服する方法です。
性交渉後、72時間以内に内服することで妊娠成立を防ぐ効果があります。

料金 8,900円(税込9,790円)

ヤッペ法(プラノバール®)

処方後すぐに2錠、12時間後に2錠を飲む方法です。
吐き気がしやすいので吐き気止めとセットで内服してください。
性交渉後、72時間以内に内服することで妊娠成立を防ぐ効果があります。

料金 3,900円 (税込4,290円)

よくあるご質問

緊急避妊薬についてよくあるご質問(クリックで開きます)

Q.入手方法は?

Q.いくらかかるの?

Q.複数回分の処方をお願いしたいのですが、出来ますか?

Q.内服のタイミングは早ければ早いほどいいですか?

Q.モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の副作用は?

Q.モーニングアフターピルは安全なのですか?


Q.モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の効果が知りたいです

Q.モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)は、いつ飲むの?

Q.もし12時間後の内服を時間通りに出来なかったらどうすればよいですか?

Q.他の薬と一緒に内服しても大丈夫ですか?

*診察費用は頂いておりません。
*ご本人が来院しないとピルの処方はできません(パートナーの方のみの来院では処方できません)

PAGE TOP
Translate »