生理調整薬の処方について

すぐに処方できます。必要に応じてご相談下さい。

生理期間調整薬

中用量ピルを使用して生理調整を行います。
生理を早める方法と、生理を遅らせる方法があります。
吐き気止めとセットで処方します。
特に決まりはありませんが毎日同じ時間に内服してください。
調整後の生理開始日に周期がリセットされます。

料金 3,900円(税込4,290円)

生理を早める方法

生理開始5日目より10日間プラノバール1錠を内服する方法です。
内服を中止してから2〜3日で生理が生じます。

生理を遅らせる方法

生理予定日5日前よりプラノバール1錠を内服する方法です。
内服を中止してから2〜3日で生理が生じます。

よくあるご質問

ピルについてよくあるご質問(クリックで開きます)

Q.どうすれば手に入りますか?


Q.いくらですか?

Q.もし、内服を忘れてしまったらどうすればいいですか?

Q.他の薬と一緒に内服しても大丈夫ですか?

Q.内服のタイミングは空腹時や食後など、状況がバラバラでも大丈夫ですか?

 

PAGE TOP
Translate »