免疫と抗体価って何?

免疫とは?

コロナワクチンの接種が始まり、免疫という言葉をよく耳にするようになりました。免疫とは生命が外敵から身を守るための防衛システムのことですが、新型コロナウイルスに対しては感染への抵抗力という意味で置き換えられます。今回は、ワクチンを打つことで感染症に対してどのような免疫力が獲得できるのか、詳しく話していきましょう(便宜上、コロナウイルスが人体に感染する例で、以下説明していきます)。

細胞性免疫と液性免疫

人体の免疫系には2つの種類があります。まずは細胞性免疫液性免疫について簡単に説明していきます。

人体にはT細胞と呼ばれる外敵を攻撃する専門機能を持った免疫細胞が存在します。人体にコロナウイルスが侵入しようとすると体中からたちまちこの免疫細胞が集まってきて、ウイルスを飲み込んで直接攻撃し死滅させる仕組みが発動します。これを細胞性免疫と呼んでいます。

また別の仕組みでB細胞と呼ばれる外敵を攻撃する武器(=抗体)を作る免疫システムがあります。人体にコロナウイルスが侵入しようとすると、即座におびただしい数の抗体が作られてウイルスを何重にも取り囲みます動けなくしてしまいます。これによりウイルスは人間の細胞の中に入り込むことができず失活します(感染機能を失います)。これを液性免疫と呼んでいます。

ウイルスに感染するか、ワクチン接種で擬似感染をするか

こうした免疫細胞(細胞性免疫)や抗体産生(液性免疫)が活性化されるためには、本来はそのウイルスに実際に感染する必要があります。人体の中に普段は存在しないウイルスがあふれることで、免疫システムがそのウイルスを外敵であると認識し、その形状の特徴を記憶します。それ以降、同じ形状のウイルスが人体に少しでも侵入しようとすると、前回覚えたウイルスの形状を元に即座に免疫システムが発動して攻撃を開始するという仕組みです。

この免疫活性の仕組みを、実際のウイルス感染なしに獲得しようというのが、ワクチンの原理そのものです。ワクチンとは人体の免疫システムがあたかもウイルスに感染したような状態を作り、免疫系を活性化させ、そのウイルス自体を予め記憶させる医療行為です。感染力のないウイルスを作り人体に注入する方法(=生ワクチン)、ウイルスの体の一部だけを取り出して人体に注入する方法(=不活化ワクチン)、人体の中でウイルスの体の一部を人工的に作らせる方法(=アデノベクターワクチンmRNAワクチン)など、擬似感染の新しい方法が次々と開発されています。

ワクチンの効果判定は中和抗体で

本来、特定のウイルスに感染しやすいかしにくいかを判断するためには、細胞性免疫と液性免疫の両方の免疫力を測定する必要があります。ただ実際の医療現場では、そのウイルスに対してどの程度の免疫力が体に備わっているのかを簡便に分かりやすく判定するために、抗体の量(=液性免疫の指標)を測定することが一般的です。ウイルスを失活させる作用があるものを特に中和抗体と呼び、血液検査で測定できるこの中和抗体の量をウイルス抗体価と呼んでいます。

コロナウイルスを例に取れば、ワクチンを接種した後のコロナウイルス感染への抵抗力を見るためには、その中和抗体であるSタンパク質抗体の抗体価を測定すれば良いということになります。

当院での中和抗体の抗体価の調査結果を報告します

当院では、職員のコロナワクチン接種前、1回目接種後、2回目接種後の3回に分けて抗体価を測定し調査しました。
現在、検査会社より報告されているデータからは、抗体価が約4,000以上あれば中和抗体の活性あり(=ウイルスに感染しにくい状態、抵抗力が十分にある)とされています(95%信頼区間)。私たちの調査結果を見ますと1回目接種後で抗体価は1,000前後、2回目接種後で10,000前後の抗体価が確認できています。結論として、ファイザー社製ワクチンに関して言えば、2回接種により十分な抗体価が獲得できると言えるでしょう(モデルナ社製ワクチンでも同様のデータとなっています)。

当院ではSタンパク質に反応する抗体検査を実施しています。

新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体検査について

内藤 祥
医療法人社団クリノヴェイション 理事長
専門は総合診療
離島で唯一の医師として働いた経験を元に2016年に東京ビジネスクリニックを開院。
日本渡航医学会 専門医療職

関連記事

  1. モデルナアームについて知っておこう!

  2. スパイクタンパク質、ヌクレオカプシドタンパク質って何?

  3. 新型コロナの後遺症の症状は?

  4. 抗体検査、IgMとIgGの違いって?

  5. 新型コロナウイルスワクチンに関する情報

  6. 熱中症予防に熱中症警戒アラートをチェックしよう! 

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »